研究成果2016

研究成果

2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度

2016年度

修士論文

研究分野 氏名 タイトル
マーケティング・サイエンス 張澄愷 SNSにおける口コミと価値共創が購買意欲に与える影響
マーケティング・サイエンス 神田大成 lp正則化頂を用いた3次元テンソル分解
マーケティング・サイエンス 鈴木槙将 時系列的な変化を考慮した消費者行動に関する研究~顧客関係管理における活用~
マーケティング・サイエンス 土肥怜生 既存の商品分類の階層構造の学習による商品の自動分類
マーケティング・サイエンス 永山恵輔 大学進学時の意思決定に与える影響の要因に関する研究 -大学スポーツの要因を考慮して-
マーケティング・サイエンス 松林航祐 ページ内要因の選好度変化を考慮したランディングページ最適化手法の提案

学士論文

研究分野 氏名 タイトル
マーケティング・サイエンス 阿部誠也 PB 購買パターンが与えるストアロイヤルティへの影響
マーケティング・サイエンス 王健 経済成長国に対する日系企業の進出行動の要因分析―中国を事例とした分析モデルー
マーケティング・サイエンス 小澤康 販売スタッフの注力商品を考慮した消費者購買行動モデルの構築
マーケティング・サイエンス 上島奈都季 期間限定表示が消費者の商品選択にもたらす効果
ファイナンス 高頭翔一 資金状況を考慮したプロスペクト理論に基づくリスク態度の評価
医療 早川直輝 回復期リハビリテーション病棟における退棟判断のためのシステム構築
医療 細川智城 回復期リハビリテーション病棟におけるリハビリスタッフ数の設定
マーケティング・サイエンス 松﨑敦生 統計的信頼性のある受容価格の推定
マーケティング・サイエンス 今井礼央 契約型情報・通信会社におけるスイッチング・バリアと顧客満足について
マーケティング・サイエンス 行川大輝 YouTube利用者の視聴数モデルの構築

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です